ドメーヌについて

歴史:
かつてクルミ油生産のための工場として使われていた当ドメーヌは1920年以来、ヴォーチエ家が所有しています。
1956年ワイン生産を開始し、ブドウ畑は若返りと拡大を続けています。
1977年以来、ドメーヌ・デュ・ムーランのワインはボトルで販売されています。

土地:
当ドメーヌは、レマン湖西部、ローザンヌとジュネーブの中間にあるワイン生産地域ラ・コート地区、高度450メートルの場所に位置しています。
約6ヘクタールの土地でブドウ各品種を栽培しています。

品種:
70% シャスラ
20% ピノ・ノワール
5% ガメ
5% 名産品種

名称:
当ドメーヌは、2つの呼称規定原産地(A・O・C=Appellation d’Origine Contorolee)に位置しています。:
– AUBONNE A.O.C.
– FECHY A.O.C.
A.O.C.とは原産地を名乗るための規制(その地で収穫されたブドウのみを使用したり、規定の栽培法や醸造法に基づいて生産など厳しく管理されている)に基づいて製造されたワインのみに許可された名称です。